郷土の素材×信州の味

四季折々の高原野菜と、信州の名物

馬刺し、またヤマメ、鮎、鯉などの郷土の川魚。ここでしか味わえない郷土の料理をお味わい下さい。

上の画像または文字をクリックすると拡大表示されます。

りんごで育った信州牛

「信州牛」のおいしさを創りだしている秘訣。それは、「信州牛」肥育のためだけに開発され、供給されている特別な飼料にあります。

この飼料が、一般に用いられている飼料と異なるのは、地域の食品産業から出てくるさまざまな副産物を発酵処理した発酵飼料を含んでいるという点です。

リンゴジュースを絞った後に出るリンゴ滓、豆腐づくりの副産物であるオカラ、味噌醤油づくりの過程で生まれる大豆煮汁、あるいは酒粕など。いずれも信州という風土や、日本人に固有の食文化の中から生み出されてきた、伝統的な食品の副産物が有効に使われています。

特別配合飼料の効果は、肉牛の質の向上となって現れ、多くの方々から評価されております。